キャベツはキャベツでも・・・

スーパーや八百屋さんでもほぼ一年中見かけるキャベツですが、収穫される時期によって春キャベツ(新キャベツ)、初夏キャベツ、夏秋キャベツ(高原キャベツ)、冬キャベツ(いわゆる一般的なキャベツ)と大きく四種類あります。

春キャベツは秋に種を巻き、翌年の春に収穫して新ものとして出回るもので、三月から四月、その名の通り春が旬のお野菜です。

いわゆる普通のキャベツに比べて葉の巻き具合が緩く、ふっくらと柔らかいのが特徴。火を加えるよりもそのまま千切りにして生で食べていただくのがおすすめです。

もちろん炒め物やスープ、関西では定番のお好み焼に入れても。同じキャベツでも季節によって違った食感、味わいが楽しめます。

 

”新”といえば、新たまねぎ

 

春キャベツと同じ頃、淡い黄色の皮に包まれた少し大振りのたまねぎ、新たまねぎも出回ります。

通常のたまねぎが収穫後一ヶ月ほど乾燥させてから集荷され、一年中出回っているのに対し、新たまねぎは春の収穫後すぐに出荷されます。もちろん、食べられるもその時期だけ。

瑞々しく甘みがある新たまねぎはやはり生食がおすすめ。炒め物や煮込みにはあまり適しません。薄くスライスしてさっと水に晒し、そのままサラダで。もしくはかつお節にしょうゆをかけて召し上がれ。