春の七種、秋の七草

新年の一月七日に邪気払いや無病息災を願って食べられる”七草粥”。

呪術的意味合い以外にも、正月料理で酷使した胃を休め、冬場に不足しがちな栄養を補うという現実的な効能もあるようです。

今でもごくごく当たり前に知られ、続けられている風習ですが、その由来を辿ってみると案外いい加減なものです。

そもそも”七草”といえば本来は”秋の七草”を指す言葉。七草粥に使われる”せり”、”なずな”、”ごぎょう”、”はこべら”、”ほとけのざ”、”すずな”、”すずしろ”の七種の野菜のことは、”種”と書いて”くさ”と読む”春の七種”と呼ぶのが本当のところです。

古来より中国では「六日年越、七日正月」といわれ、一月の七日がひとつの節目と考えられていました。この日は人を占うという”人日(じんじつ)”の節句で、このとき七種類の菜を入れた暖かい汁ものを食べて邪気を払うという風習があったようです。

それが日本に伝わったわけですが、一方で日本にも一月十五日に小豆粥を食べるという風習がありました。このふたつがいつの間にか一緒になって、一月七日に七種類の野菜を入れたお粥を食べるという、今の七草粥の風習になっていったといわれています。

七草、いろいろ

ちなみに先に書いた春の七種の呼び名は昔のもの、現在の正式名称は違っているものもあります。わかりやすいところでいうと、すずなは蕪、すずしろは大根のことです。

また本来の七草を指す秋の七草はそれぞれ”女郎花(おみなえし)”、”尾花”、”桔梗”、”撫子”、”藤袴”、”葛”、”萩”の七種類で、これらを直接どうするという行事、風習はありません。

だいたいが観賞用の植物たちなので基本食べませんし、ゆえに当然”秋の七草粥”というものも存在しません。

かなり古い時代から七草を食べる習慣のあった日本ですが、そのラインナップは時代や書物などによってまちまちです。ある文献には”餅粥”という名前で七草粥が登場しますが、それは”米”、”栗”、”黍(きび)”、”稗(ひえ)”、”みの”、”胡麻”、”小豆”の七種類の穀物ですが、これも七種ということになります。

また、1945年には戦時中などの食糧難の際にも食用にできる植物として”アカザ”、”イノコヅチ”、”ヒユ”、”スベリヒユ”、”シロツメクサ”、”ヒメジョオン”、”ツユクサ”の七種の野草が”夏の七草”として紹介されています。

まあ、あくまで食べることができるというだけで、決して美味しいものではないと思います。幸いにして戦後七十年、私たちはそれらを食べなければならないほどの窮状に陥ることはありませんでしたが。

さらにこの先の七十年・・・いいえ、もはや未来永劫、そんな日が訪れることのないように願いつつ、明けましておめでとうございます。