きなうすファーム

篠田雄太さん

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道の栗山町でお米、じゃが芋、玉ねぎなどを栽培されているきなうすファーム。

栗山町は道央地区の夕張郡に属している町。

栗山町の名前の由来は、アイヌ語のヤムニウシ。ヤムニ・ウシ(栗の木・多いところ)の意訳といわれています。
寒暖の差が高く、多くの作物に適した環境と土壌です。
産業の中心は農業で、米、小麦、じゃがいもをはじめとした、おいしい農作物がとれる事でも有名です。


きなうすファームでは弊社の看板商品「鈴かぼちゃ」を栽培していただいています。

「鈴かぼちゃは収穫のタイミングが難しいけど、みなさんに安心して食べていただけるように、農薬や化学肥料をできるだけ使わず、一生懸命栽培しています。」

今後も安心安全な農産物を栽培していただく予定です。