九条ネギ

関西ではなじみの深い京野菜

九条ねぎは、葉の内部にぬめりがあり、ネギ本来の味わいと軟らかさが特徴で、この”ぬめり”に他の葱には無い九条ネギ特有の”香り”と”甘さ”が凝縮されています。
分類的には、青ネギ(葉ネギ)の一種で、伝統的に生産され続けている京都を代表する野菜のひとつです。

京都市南区九条地区が主産地であったことからその名がつきましたが、現在の主な産地は九条の南、十条となっています。
関西で「ネギ」と言うと、九条ネギを含め青ネギを指します。