アグリジャパンでは、野菜の新しい安全基準を

「Loveland」―安心・安全でおいしい野菜の新基準

アグリジャパンでは、安心・安全でおいしい野菜の新基準「Loveland」、「S-Loveland」を展開します。アグリジャパンは、真に人々の健康に寄与する野菜・果物を提供するための新たな取組として、弊社で取り扱う青果物に、安心・安全を保障する明確な基準を設けました。その基準の名前が「Loveland」、「S-Loveland」です。
「Loveland」は、SOFIX分析を少なくとも年に1回行い、無化学肥料で、農薬を都道府県の慣行栽培基準の半分(特別栽培レベル)以下に抑えた栽培が条件です。
「S-Loveland」は、SOFIX分析において、分析値が一定基準を満たしたうえで、無化学肥料、無農薬で栽培されたことが条件となります。
現状の農産物の基準といえば、慣行栽培レベル、特別栽培レベル、JAS有機栽培レベルです。アグリジャパンが展開する新基準は、「Loveland」が特別栽培レベルとJAS有機栽培レベルの間に位置し、
「S-Loveland」はJAS有機栽培レベルよりもさらに高いレベルの安心・安全を目指しています。当然ながら、このような高いレベルの安心・安全な野菜・果物を栽培するには、高度な農業技術を要します。そのための技術基盤がSOFIXになるわけです。「Lovelandマークが着いているからこの野菜は安心だね」「S-Lovelandの果物はおいしいよ」
皆様にそう言っていただけるよう生産者と協力してこの「Loveland」を展開していきます。

「A-GAP」消費者だけでなく販売店、生産者にも安全な生産体制を目指して

GAPという言葉をご存知でしょうか。アメリカの衣料品ブランドではありません。GAPとは、Good Agricultural Practiceの頭文字をとった言葉で、日本語では「農業生産工程管理」という訳をあてられております。農林水産省によりますと、「農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のこと」とあります。
要するに、農業生産物が生産者から消費者の皆様に届く一連の工程、すなわち、生産から加工(洗浄、選果、袋詰め等)、出荷に至るまでの工程を安全に、かつ、長期にわたって安定的に持続させるための工程管理です。たとえば、農薬の管理は法令に則っているか、野菜の袋詰めの際に異物が混入しないようになっているか、といった農業生産物の安全性に関わるもの、農作業中の危険や事故の可能性の把握、農作業中の保護具や作業着が適切かどうかといった生産者の安全性に関するものなど、チェック項目は細部、多岐にわたります。
アグリジャパンでは、農林水産省が推奨するGAPガイドラインに土壌分析に係る項目や青果物の安全性に関わる項目を追加し、細かすぎる項目を省略することで、農業生産者にわかりやすいGAPを作り、これをアグリジャパンGAP、A-GAPと名付けました。生産者にA-GAPの趣旨を理解してもらい、A-GAPの各項目を遵守することで、青果物のさらなる安心・安全を担保することができます。
「Loveland」「S-Loveland」の基準も、A-GAPを遵守していることが前提となります。アグリジャパンでは、安心・安全な青果物をわかりやすい形で届けるべく、一日も早い「Loveland」、「S-Loveland」基準の定着に向けて努力します。