日本全国の産地リレーでおいしい旬野菜を1年中皆さまにお届けします。SOFIX導入でさらに安心・安全で付加価値の高い野菜をお届けできるようになりました。

SOFIXとは?

SOFIX(ソフィックス)とは

平成28年4月より、アグリジャパンでは、立命館大学久保幹研究室で開発された、土壌分析・診断技術 SOFIX(ソフィックス)を導入しています。SOFIXとは、土壌肥沃度指標 Soil Fertile Indexの略称で、農業の基本となる土づくりに望ましい性質を数値化する分析技術です。
SOFIXで何がわかるのか、何ができるのか、アグリジャパンがなぜSOFIXを導入したのか、どのように展開していくのか。立命館大学久保研究室で研究員としてSOFIX技術の開発に携わり、現在アグリジャパンでSOFIXを担当している向真樹 生産管理シニアマネージャーに聞きました。


 

SOFIX(ソフィックス) 従来技術との違いー生物性を数値化

 

向さん1SOFIXとは、土壌の状態を正確に知るための、その分析方法のことです。
土壌分析は以前からありますし、どこでもやっていることですが、SOFIXは、従来の分析では不可能だった土壌の生物性を客観的に評価することができる点が最も新しい点といえます。これまでの分析では、土壌の物理性、化学性を評価するもので、生物性については重要だと思われてはいましたが、正確に測ることができませんでした。
SOFIXはこれを正確に数値化することができます。
もちろんSOFIXでも物理性、化学性の指標もあります。
分析項目は現在全部で19項目にわたり、これらの項目によって土壌の健康状態を精密に見える化することができます。

 

SOFIXは土の健康診断

 

向さん2「いい土」ってどんな土でしょうか。ふかふかで柔らかいとか、黒っぽい土であるみたいなイメージではないかと思います。専門的には、物理性、化学性、生物性が整った土がいい土であると言われています。つまり、物理性、化学性、生物性が整った土は健康で元気な土と言えます。
土が元気かどうかの判断や、土を元気にするために何をするかは、お百姓さんの経験と勘に基づいていました。昔の農業は土づくりがすべてだったため、お百姓さんの経験と勘があればうまくいったのですが、現代の化学肥料と農薬に頼り切りの農業形態では土づくりのための経験と勘が身に付きにくいという問題があります。
しかも、新しく農業を始める人にとっては「経験と勘」は、とてもハードルが高いですよね。
そこで必要なものが経験と勘に代わる客観的な指標で、これがSOFIXになります。SOFIXでは、土の物理性、化学性、生物性のすべてを数値化することできるので、土の健康状態を正確にデータ化することができます。いわば、土の総合的な健康診断ということになります。

 

診断と処方、という考え方

 

データが取得できても、その結果が何を表すのか、分析できなければ役に立ちません。
たとえば人間ドックで、γGTPが何という数値が出たときに、それがどのような病気の可能性があるのか、医師が他の数値もみながら診断しますよね。
SOFIXも同じです。データ分析の結果、その数値が何を示しているのかを診断する必要があります。
そして診断の結果、私たちは処方をします。分析して診断し処方する。言ってみれば、土壌のお医者さんですね。この分析、診断、処方という流れには経験が必要です。
sofix認定どの数値が健康と言えるのか、私たちは健康を基準とする「SOFIX基準」をつくりました。
この基準づくりにあたっては、データベースに集まっている数千検体のデータを見ながら、研究室で相当議論しました。
先ほど診断、処方には経験が必要だとお話しましたが、SOFIX診断士という認定制度がありまして、私も認定を受けています。
これまでは例えるなら大学病院で診ていて、患者さんの情報はカンファレンスで共有していました。
それをこれからは、町医者のように、各企業さんのところで、生産者に近いところで、指導、診断、処方していきます。
そしてそこで得たデータは大学病院にフィードバックし、さらなる研究に役立てていく。
そうすれば、もっとSOFIX自体が向上し、広がっていくと考えています。

 

農業をhappyにしたい

 

私は祖父母が農家だったこともあり、農業には近いところにいたのですが、
いまあらためて、農業をhappyにしたいと思っています。
安心、安全、美味しい、なおかつたくさん収穫する、そうすればみんなhappyになれます。
SOFIXを使って、農業者が儲かるようにしたいのです、
農家が儲かれば、若者がやりたいと思ってくれる。
若者がやりたいと思わなければ、未来はありません。
日本の農業をかえたい どうにかしたい。
アグリジャパンではぜひこの思いを実現していきたい、実現していけると確信しています。


 

アグリジャパン株式会社  会長  中井俊三からのメッセージ

 

会長1我々アグリジャパンの目的は、消費者に美味しい安心安全なものを届けることです。
これは一年を通じて、供給できるようにしたい。
南は沖縄から、徳之島、熊本、大分、関西圏では兵庫、京都、滋賀、三重、そして長野、最後は北海道まで、全国の農家さんから年間供給する仕組み。
このシステムをつくって、量販や外食産業へ持って行こうとしています。
そして農家のみなさんには、夢と希望とロマンをもって農業してほしい。そのためには収入が必要です。
他ではやっていないこと、やっていないものをやらないと稼げません。
たとえばいま、本当に良い、美味しい病院食をつくるというプロジェクトを進めています。
塩や醤油で味付けするのではなく、SOFIXでつくった素晴らしい素材を、昆布や鰹の出汁で味付けするのです。

素晴らしい農作物を供給するので、これからもアグリジャパンに期待してください。

 

【SOFIXについてもっと詳しく知りたい方はこちら】

http://sofixagri.com/

お気軽にお問い合わせください。 TEL 075-611-3335 受付時間 9:00~18:00(日曜日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
こだわりの国内産冷凍野菜

アクセスマップ