鈴かぼちゃの作業風景(定植から収穫前)

鈴かぼちゃの種が発芽した苗を畑に植えました。
生産者は丁寧に間隔を空けて苗を植えていきます。

苗を植えた時期は、まだ夜温が低いため鈴かぼちゃの苗をシートで覆います。

鈴かぼちゃの苗が大きくなってきました。
ここから鈴かぼちゃは花を咲かせ、実を付け始め、大きくなり収穫が始まります。

時期や産地にもよりますが、苗を植えてから約1ヶ月半ほとで、最初の実がなります。
完熟かぼちゃの場合は、間引いて完熟させていくのですが、鈴かぼちゃは完熟させずにたくさんの実を収穫できるのが特徴です。